蜂の子はどこで購入できる?

  1. 蜂の子はネットで買うのが一番簡単
  2. 岐阜県のへぼ祭りに参加する
  3. 長野県でも手軽に購入可能

蜂の子は味の良さや、高い健康効果から人気がある食品ですが、販売している店が少ないため、購入することが少し難しい食品です。 しかし、古くから蜂の子を食べる慣習がある、長野県や岐阜県では、蜂の子はスーパーで普通に販売されており、購入は容易です。

上記の地域以外のスーパーでは蜂の子が販売されていることは、極めて稀ですが、現代ではネットで購入できる蜂の子も増えてきています。

蜂の子はネットで買うのが一番簡単

今や老若男女問わず、誰もがネットに繋がっている何かしらの端末を所有している時代です。 ネットの発達と共に、商品の流通も活発になり、蜂の子もネットで気軽に購入できるようになりました。

ただし、ネットで購入できる蜂の子は、ほとんどが佃煮に加工された瓶詰めか、佃煮の缶詰です。 生の未加工な蜂の子を、8月の下旬ごろからネットで販売している業者も存在しますが、基本的には季節限定且つ数量限定の販売なので、購入は少し難しいです。

岐阜県や長野県でも、生の未加工な蜂の子は購入できますが、やはりこちらも8月下旬から10月ごろまでの季節限定の販売が多いです。 しかし、時期さえ気を付けていれば、比較的購入は容易です。

特に岐阜県では、毎年11月の頭に蜂の子のお祭りが行われており、そこで蜂の子が気軽に購入できます。

岐阜県のへぼ祭りに参加する

岐阜県では、毎年ヘボ祭りと呼ばれるお祭りを行っており、参加者自身で育てた、クロスズメバチの巣を持ち寄って重さを競います。

ヘボとは岐阜県の方言で蜂の子という意味です。 参加者は地元の方が多いようですが、県外から蜂の巣を持ち寄る方もいます。

また、蜂の巣を育てていなくても、お祭りには参加でき、蜂の巣の重さを測っているところを見学できるほか、会場で蜂の子料理を食べることが出来ます。 岐阜県には個性的な蜂の子料理が多く、ヘボ飯やヘボ五平餅といった変わった料理を楽しめます。

そしてこのお祭りの目玉は、参加者の育てた自慢の蜂の子を会場で購入できることです。 生で未加工な上に、採りたての新鮮な蜂の子を購入できる機会は多くはありません。

貴重なものなので少し値は張りますが、参加してみる価値は大いにあります。

長野県でも手軽に購入可能

長野県も、岐阜県と同様に昔から、蜂の子を食べる文化の根付く地域です。 長野県には、ネットでも購入可能な缶詰や瓶詰めを生産している工場が多くあります。

そのため、長野県の多くのスーパーで、蜂の子が販売されており、蜂の子がとても身近な食品になっています。 日常的に蜂の子の佃煮を食べたい方は、長野県に移住すれば、ネットで購入するよりも安く簡単に蜂の子を購入できます。

また、生の蜂の子も長野県の各地にある、道の駅などの直売所なら売っていることが多いです。 ただしこちらも、時期によっては生の蜂の子は販売していないこともあります。

ですが、このように蜂の子好きには非常に嬉しい環境が整っています。 移り住むとまではいかずとも、蜂の子好きなら一度足を運んで損はありません。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.