蜂の子はどうやって摂るのがよいのか

蜂の子は調理方法だけでも多彩で、佃煮を初め、へぼ飯と呼ばれる郷土料理や五平餅など多くの食べ方があります。 もっとシンプルにしょう油やバターで炒めるだけでも美味しく蜂の子を摂取できます。

ですが健康のために蜂の子を摂るなら、サプリメントを使用することが一番いい摂り方です。 特に耳鳴りなどの改善が目的で蜂の子を摂る場合は、しばらく継続して蜂の子を摂る必要があるのでサプリがおすすめです。

しかし、蜂の子を調理して食べる摂り方も意味がないわけではありません。 蜂の子は栄養満点で滋養効果の高い食品なので、疲れたときに食べると優れた疲労回復効果があります。

ここでは、いろいろな蜂の子の摂り方のメリットをご紹介します。 ぜひ、お好きな蜂の子の摂り方を試してください。

炭水化物と一緒に摂る

古くから日本で食べられてきた昆虫食なだけあって、白米とよく合う調理方法が多くあります。 白米のような炭水化物と蜂の子を一緒に摂ることは、味だけではなく健康効果の面でも非常に相性の良い食べ合わせです。

蜂の子にはトリプトファンという物質が含まれています。 トリプトファンは体内でセロトニンを合成し、自律神経を整え、精神を安定させるために必要な物質です。 このトリプトファンは炭水化物と一緒に摂取することで、体内で効率よくセロトニンを合成できるようになります。

ここからは白米に合う蜂の子料理をいくつかご紹介します。 自律神経の乱れは万病につながります。

できれば、定期的に蜂の子を食べて体の芯から健康になりましょう。

佃煮

蜂の子の代表的な調理方法です。 ネットなどで販売されている蜂の子の缶詰は、ほとんどが佃煮に加工されて売られています。

白米との相性もバッチリな、もっとも手軽に味わえる蜂の子料理です。

へぼ飯

へぼ飯とは岐阜県の郷土料理で、蜂の子の炊き込みご飯のことです。 一般的な炊き込みご飯の作り方と違いはほとんどないので、ご家庭でも簡単に作れます。

岐阜県には、へぼ飯を食べられる飲食店もあるので、旅行の際に食べるのもいいでしょう。

五平餅

サービスエリアなどでも販売されている、白米で作った少し変わったお餅です。 こちらも岐阜県の郷土料理で、五平餅のタレに蜂の子をペースト状にしたものを材料に使用して食べます。

サプリメントを使用して摂る

蜂の子の健康効果だけ欲しい場合は、サプリメントを継続して飲むのが最適です。 調理した蜂の子を食べるのと違い、美味しいわけではありませんが、堅実な健康効果があります。

蜂の子の見た目や味が苦手な方でも飲みやすいので、幅広い世代の方が蜂の子サプリを使用しています。 サプリで蜂の子を摂る場合は、薬のように毎日決められた量をしっかりと守ることが大事です。

サプリは手軽に飲むことができますが、飲み過ぎても意味がないどころか、栄養素の過剰摂取により副作用が現れることがあります。

また蜂の子サプリを摂取するタイミングは、飲む時間が指定されているサプリでない限りは食後30分以内に飲むのがいいでしょう。 食後30分以内なら、サプリを飲んで胃が荒れることも少なくなり、食べた食事と一緒に消化されるので栄養が体に吸収されやすくなります。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.