蜂の子の保存方法

  1. 蜂の子サプリは高温多湿や直射日光を避けて保存
  2. 未加工の蜂の子なら冷凍で約1年は保存が可能
  3. 未開封の缶詰は製造から約3年は美味しく食べられる

蜂の子を購入した際に、気になるのは保存方法です。 せっかく買った蜂の子ですから、正しく保存して長く品質を保ちたいのは当然です。

しかし、蜂の子は意外と日持ちするので、生の蜂の子なら冷凍保存、佃煮に調理されているなら冷蔵庫で保存すれば問題ありません。 また、蜂の子サプリの保存も高温多湿な場所を避ければ、品質の変化は起きることはありません。

では具体的には、蜂の子はどのような保存方法があるのでしょうか。

蜂の子サプリは高温多湿や直射日光を避けて保存

高温多湿や直射日光が当たる場所で蜂の子サプリを保管してしまうと、変質の原因になります。

これは多くのサプリや医薬品も同じで、正しく保存しなければ本来ある効能が薄まってしまう場合や、体に有益な作用をするはずのサプリに有害な物質が発生してしまう可能性もあります。

こうしたサプリの変質を避けるために、蜂の子サプリの保存方法は冷暗所で保存することが基本です。 戸棚など直射日光を遮ることができる場所なら、保存には問題ありませんが、夏場の高温が気になる場合は冷蔵庫で保存するのもいいでしょう。

ただし、いくら冷蔵庫でも長く保存しすぎてしまうと、これもまた変質の原因になります。 冷蔵庫に入れて安心せずに、サプリは毎日正しい量を飲んで、飲み残さないようにしましょう。

未加工の蜂の子なら冷凍で約1年は保存が可能

生の蜂の子を、通販などを利用して購入した場合は、多くの生蜂の子は冷凍した状態で送られてきます。 そのためそのまま冷凍状態で保存することが一番の保存方法です。

この保存方法なら約1年は保存が出来ますが、長期間の保存は味を損なう恐れがあります。 販売業者によっては、1年よりも短く賞味期限が設定されていることもあり、美味しく蜂の子を食べるために、蜂の子が届いたらなるべく早く食べることを心がけましょう。

なお、一度解凍した蜂の子を再冷凍すると、蜂の子の細胞が壊れてしまい食味が大きく変わってしまうことがあります。 更に細菌が繁殖する原因になってしまうので、解凍した蜂の子は全部食べ切るようにしてください。

未開封の缶詰は製造から約3年は美味しく食べられる

蜂の子の缶詰は常温でも保存が可能で、約3年は問題なく食べられます。 更に栄養価も高いので、非常食にも適した食品です。

瓶詰めの蜂の子は、缶詰ほど日持ちはしませんが、冷蔵庫に入れておけば、すぐに傷んでしまうことはありません。 ただし缶詰も瓶詰めも、開封した後は傷みやすくなってしまうので、なるべく早く食べてください。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.