蜂の子にアレルギーはある?

蜂の子は副作用がなく、中国では2000年前から最高位の漢方薬として扱われてきました。 しかし、アレルギー反応が体質によっては起きてしまう人もいます。

特に一度蜂に刺されたことのある人はアレルギーを起こしやすいので、蜂の子のサプリを選ぶ際には注意が必要です。 また、蜂の子自体にはアレルギー反応が起こらなくても、サプリには多数の添加物が含まれているので、もともとアレルギーが多い方は添加物の種類にも目を光らせる必要があります。

アナフィラキシー

まずは蜂の子自体にアレルギー反応を起こしてしまうパターンです。 このパターンの多くの方が、過去に一度蜂に刺された経験があります。

スズメバチやミツバチに刺されると、蜂毒に対する抗体が体内で作られます。 抗体は体が毒から身を守るために作られるのですが、この防衛反応が過剰に特定の物質に反応するようになってしまい、逆に体を傷つけてしまいます。

このような体の反応はアナフィラキシーと呼ばれており、この反応もアレルギーの一種です。 特にスズメバチに刺されると、このアナフィラキシー反応が激しくなりやすく命の危険もあります。

蜂の子には毒はありませんが、一度蜂に刺された経験があって上記の抗体が出来ていると、食べただけでもアレルギーが起こりやすくなるといわれています。 蜂に刺されたことがある方や、アレルギーが不安な方はサプリを始める前に病院でアレルギーの検査を受けてみることをおすすめします。

また蜂に刺されたことのない人でも、体質的にアレルギーの症状が出てしまうこともあるので注意してください。

甲殻類アレルギー

蜂は甲殻類ではありませんが、エビやカニにアレルギーがある方は蜂の子でも痒みなどの症状が出る可能性があります。 甲殻類アレルギーの原因物質の一つにトロポミオシンという物質があります。

トロポミオシンはエビやカニの他にタコなどの海鮮食品に多く含まれているアレルゲンです。 上記のような海産物に含まれているトロポミオシンですが、蜂の子やイナゴなどの食用とされている昆虫にもトロポミオシンは含まれています。

ですから甲殻類アレルギーの方は、残念ながら蜂の子サプリは使用しない方がいいでしょう。 しかし、蜂の子を免疫力の向上や滋養強壮のために使用する予定だったのなら、同じく蜂から採れる健康食品であるプロポリスを試してみるのはいかがでしょうか。

プロポリスにも免疫力向上効果があり、その上プロポリスはアレルギー反応を抑える効能があります。 プロポリスを飲んだからといって蜂の子サプリが飲めるわけではありませんが、意図せずにアレルゲンを摂取してしまった時に症状が軽くなるのでおすすめです。

しかし、プロポリス自体にアレルギーを起こしてしまう方もいるので注意しつつ、まずは少量から始めてみてください。

添加物

蜂の子をサプリに加工する際に、どうしても多数の添加物を使用する必要があります。 この添加物によってはアレルギーが起きてしまう場合もあります。

多少の添加物は仕方がないことなのですが、中には蜂の子の有効成分がほとんど含まれていない悪質なサプリもあります。 このようなサプリを飲んでいても、蜂の子成分よりも添加物を摂取する量が多くなってしまい、アレルギーなどの健康被害のリスクを高めるだけになってしまいます。

また、サプリによっては蜂の子以外にも、複数の健康素材を混ぜ合わせていることがあります。 これは蜂の子の効能を更に高めるため、または比較的に含有量が少なめな成分を補う目的で混ぜ合わされています。

蜂毒や甲殻類アレルギーには問題がなくても、思わぬ健康素材が付け加えられていることもあるので、特定のアレルギーをお持ちの方はしっかりとサプリのwebページを見てチェックしてください。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.