蜂の子は子供が食べてもいい?

蜂の子は基本的に子供が食べてもいい

成長期の子供は多くの栄養を必要としています。 健康に丈夫に育つには、一つの栄養素を集中して摂るのではなく、バランス良く栄養を摂ることが重要です。 その点では蜂の子はとても優秀な食品です。

大人が食べても非常に高い健康効果があるのはもちろんのこと、成長期の子供には成長に必要な栄養素が豊富に含まれています。 しかし、甲殻類にアレルギーのある子供や、蜂に刺されたことのある子供には蜂の子を食べさせてはいけません。

これらの子供に食べさせると、重篤なアレルギー反応が出ることがあります。 また、喘息がある人が蜂の子を食べると、喘息の発作が起きることがあります。

お子様が喘息持ちの場合は、蜂の子を食べさせるのは控えた方がいいかもしれません。

子供が蜂の子摂取を控えるべき場合

蜂の子や甲殻類にアレルギーがある

甲殻類アレルギーは、エビやカニなどに含まれるトロポミオシンというタンパク質に反応して、じんましんや発疹が現れ、痒みや嘔吐、下痢などを伴います。 稀にアナフィラキシーと呼ばれる重篤なアレルギー反応が出ることもあり、命の危険もあるアレルギーです。

甲殻類アレルギーの原因物質であるトロポミオシンはエビやカニの他に、貝やタコなどの海産物に含まれていることが多いですが、蜂の子やイナゴなどの昆虫食にも含まれていることが分かっています。

栄養豊富な蜂の子ですが、アレルギーが出てしまうようでは、子供に食べさせるのは危険です。 甲殻類アレルギーの子供には食べさせないようにしてください。

また、稀にですが甲殻類にはアレルギーが起こらなくても、蜂の子自体にアレルギーが出てしまうことがあります。 これは子供に限らず大人にも蜂の子にアレルギー反応を起こしてしまう人はいます。

初めて蜂の子や蜂の子サプリを摂取する際には、まずは少量で試してみることをおすすめします。

過去に蜂に刺されたことがある

スズメバチなどの蜂に一度刺されると、人間の体は蜂毒に対して抗体を作り出します。 この抗体は本来、蜂毒から身を守るためのものですが、抗体が出来ている人が蜂に複数回刺されてしまうと、抗体が過剰に反応してしまい逆に人体に危害を加えてしまうことがあります。

これがアナフィラキシー反応と呼ばれるもので、この抗体は稀に蜂の子を摂取した場合にも反応することがあります。 蜂に刺されたことがあるからといって、必ずしも蜂の子に反応してしまうわけではありませんが、念のために注意が必要です。

喘息持ち

蜂の子は栄養が豊富すぎるため、体質によっては刺激が強すぎることがあり、その性で喘息などの発作を引き起こすことがあります。 もしも、お子様に少しでも気になるような疾患がある場合は、蜂の子を食べさせる際には病院の医師に相談をしてください。

バランスの良い栄養素が成長期の子供の成長を助ける

蜂の子は上記のように、体質によっては摂取できないお子様もいますが、栄養素が豊富で成長の大きな助けになるのは間違いありません。

アルギニン、カルシウム、亜鉛、そして上質なタンパク質など、他にもたくさんの成長期の子供の助けになる有効成分が含まれています。 ぜひアレルギーに気を付けて、成長期のお子様に食べさせてあげてください。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.