蜂の子とワーファリンの関係

蜂の子は副作用もなく、安全な健康食品ですが、飲み合わせると副作用が起きてしまうものがあります。

特に医薬品は飲み合わせには気を付けなくてはいけません。 蜂の子サプリを常用する前に、処方されている薬があるなら、まず医師の相談を仰ぎましょう。

飲み合わせに注意が必要な医薬品の一つにワーファリンがあります。 ワーファリンは血液をサラサラにし、血栓が出来てしまうのを防ぐ薬です。

蜂の子にも血行を良くする効能があるため、蜂の子と飲み合わせるとワーファリンが効きすぎてしまう場合があります。

血栓を溶かし血液をサラサラにするワーファリン

ワーファリンは血液の流れを良くし、血液が固まって血管に栓をしてしまう血栓症の予防、または治療に使用される薬です。 血栓症とは、よく知られた名前ではエコノミー症候群があります。

長時間座り続ける姿勢をとることで、血液の流れが停滞してしまい血栓が出来てしまう症状です。 この血栓は、座りっぱなしの状態ではなくても、血管に傷がついてしまうなどの原因でできてしまうことがあります。

この血栓ができてしまう場所によっては、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす危険な病気です。 医師から処方されている場合は、欠かさずに服用しましょう。

ワーファリンは血行を良くする蜂の子とは相性が悪い

重要な薬であるワーファリンですが、副作用もあります。

それは、血液を固まりにくくする薬なので、ケガをした際にも血が止まりにくくなってしまうことです。 ですからちょっとした切り傷でも、傷口が塞がりにくい状態になるので注意が必要です。 また、副作用が酷い場合は脳出血などが発生してしまうこともあります。

このようにワーファリンだけでも副作用が現れることもあるのですが、蜂の子を同時に使用してしまうと、特に副作用が現れやすくなる可能性があり、厳重な注意が必要です。 蜂の子には、血行を良くする作用がある栄養素が複数含まれており、これらの効果によって蜂の子の高い健康効果があると言っても過言ではありません。

ワーファリンと蜂の子の血行促進効果が重複してしまうと、非常に出血しやすくなる可能性があり、脳出血などの危険性が上がります。 蜂の子サプリはもちろんですが、佃煮などの蜂の子もワーファリン服用中は控えたほうが無難です。

蜂の子はワーファリンの代わりにはなりません

蜂の子にも血行促進効果はありますが、だからといってワーファリンの代わりにはなりません。 蜂の子は医薬品ではなく、あくまでも健康食品です。

医師から医薬品のワーファリンを処方されたなら、例え蜂の子サプリを常用していても、医師の判断を仰ぎ、蜂の子サプリの使用を中止してワーファリンを服用しましょう。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.