蜂の子とメタボ

  1. 内臓脂肪を燃やすには栄養バランスの取れた食事と蜂の子
  2. メタボ改善に必要な運動をサポートする蜂の子
  3. 蜂の子だけではメタボは改善されません

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪に加え、糖尿病や高血圧、そして脂質異常症などの症状を併発してしまっている状態のことをいいます。 しかし世間に定着したメタボのイメージは、お腹がポッコリと出ている肥満の症状が一般的ですが、肥満だけではメタボとは呼びません。

確かにメタボの特徴に肥満がありますが、メタボは心筋梗塞などが起こるリスクが非常に高く、命の危険もあるので、ただの肥満と侮ってはいけません。 あくまでも、内臓脂肪に加え糖尿病などを複数、併発した状態のことをメタボリックシンドロームと呼び、肥満よりも危険な状態です。

メタボの治療には、健康的な食生活がとても重要で、蜂の子は健康的な食生活の大きな支えになります。

内臓脂肪を燃やすには栄養バランスの取れた食事と蜂の子

栄養バランスが取れた食事が大切な理由は、健康を損なうのはもちろんですが、摂取したタンパク質などをエネルギーに変換する際に、ビタミンなどの多くの栄養素が必要になるからです。

蜂の子に含まれている、脂肪を代謝する栄養素には以下のようなものがあります。

ビタミンB2

ビタミンB2は脂肪を燃焼させ、エネルギーに変える働きがあります。 更にビタミンB2はメタボの方が発症しやすい動脈硬化を予防する効果もあり、メタボの方は意識して摂りたい栄養素です。

亜鉛やマグネシウム

亜鉛やマグネシウムは、多くの栄養素の代謝に必要になる重要なミネラルです。

これらのミネラルをしっかり摂れていると、脂肪分を始め、あらゆる栄養素の代謝がスムーズに行われます。 メタボ患者の特徴に、肥満状態なのに栄養失調状態になってしまっていることが挙げられます。

メタボ患者が栄養失調なのは、ラーメンや焼き肉などカロリーが高く、栄養が偏った食事を続けた結果、上記のような脂肪を代謝するためのビタミンなどの栄養を、充分に摂取できず、お腹に脂肪が溜まり続けてしまったからです。

このようなことから、メタボは食生活を改善すると、代謝に必要な栄養素が体内に行き渡り、内臓脂肪が落ちやすくなる傾向があります。 しかし、健康的な食生活を続けることは意外と難しく、特に時間に追われる現代人は食事を疎かにしがちです。 そこで蜂の子の出番です。

蜂の子はサプリとして気軽に摂取でき、ビタミンなど多種多様な栄養素が豊富な食品です。 完璧な健康的な食事を継続することが難しくても、蜂の子サプリを食後に摂取すれば、多くの栄養素を補う事ができます。

しかし、野菜から摂れる食物繊維もメタボ改善には非常に重要なので、栄養はサプリだけでなく、野菜からも摂るようにしてください。 蜂の子はあくまでも、不足した栄養を補うためのサプリです。

必要な栄養はなるべく食事から摂るように心がけてください。

メタボ改善に必要な運動をサポートする蜂の子

蜂の子と食事改善により、バランス良く栄養を摂取できても、運動も同時に行わないと充分な効果が現れないことがあります。 メタボは食事改善を行えば、軽めの運動を続けるだけでも効果が現れやすいですが、メタボ患者の多くは日ごろ運動をしない方が多く、軽い運動でも厳しく感じやすいです。

しかし蜂の子は、古くから優れた滋養強壮の効果のある滋養食として親しまれてきました。 ですから蜂の子は、必要な栄養を補うだけでなく、運動に必要な活力を与え、運動の疲労の回復までしてくれます。

蜂の子には、アルギニンというアミノ酸が含まれており、アルギニンは疲労回復効果や血圧を下げる効果があります。 そのため蜂の子を摂取することで、運動を続けやすくなり、メタボの症状の一つでもある高血圧の予防もできます。

また、アルギニンにはインシュリンの分泌を促し、血糖値を下げる効果があることが研究により判明しています。 このことから、蜂の子はメタボの疾患の一つである糖尿病にも効果があることが分かっています。

蜂の子だけではメタボは改善されません

以上のことから、蜂の子にはメタボ改善には非常に効果的であることは明らかです。 しかし蜂の子は、効果はありますが、メタボ治療の薬などではなく、栄養が豊富なサプリに過ぎません。

あくまでも健康的な食生活のサポートに適しているというだけです。 食事の脂肪分を減らし、野菜をしっかりと食べることの方が、メタボの改善にははるかに重要です。

蜂の子は、急に食生活を変えることが難しい時、栄養バランスの偏りを簡易的に改善する手助けをしてくれるサプリです。 これからメタボを治そうとしている方は、ぜひ蜂の子を始めてみてください。

メタボ改善のための、心強いサポートになってくれるはずです。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.