蜂の子は難聴に効く

蜂の子は耳鳴りや難聴によく効く漢方として昔から利用されてきました。

この効能は珍しく、更に効果も高いことから、現在も漢方やサプリとして利用されています。 また蜂の子は栄養価が非常に高く、健康にも高い効果を発揮します。

ここでは蜂の子がどのような難聴に効果があるのか、いくつか例を挙げて紹介していきます。 蜂の子を試してみる際の参考にして頂けたら幸いです。

突発性難聴の改善・予防

蜂の子には亜鉛やマグネシウムといった、聴力に作用する栄養素が含まれています。 これらの栄養素は研究により、難聴を改善し、聴力を回復させる効果があることが分かっています。

また体内の亜鉛が不足してしまうと、蝸牛という音を聞くための重要な機関の機能が低下してしまいます。 これを予防するためには食生活を見直すことも必要ですが、難聴に有効な成分が豊富な蜂の子を継続して摂取することも効果的です。

また亜鉛やマグネシウムは突発性難聴にも効果があります。 突発性難聴は聴力を失う危険性もある難聴です。

蜂の子で治療を試みる際は、まずは速やかに病院を受診して医師に相談してみてください。 ちなみに突発性難聴の原因は、はっきりとは判明していませんがストレスが原因だともいわれています。

蜂の子はストレスを緩和する効能もあるので、突発性難聴を予防するために飲み始めるのもおすすめです。

老人性難聴の改善

老人性難聴とは文字通り、老化現象に伴う聴力の低下のことです。 こればかりは誰しもが避けては通れませんが、蜂の子の効果により聴力が回復した例もあります。

これは蜂の子のビタミンEが有効に作用して改善したと考えられています。 老人性難聴の原因は聴覚神経や血管の衰えだと推測されています。

蜂の子のビタミンEは血液の循環を促進する働きがあるので、血液を循環させ耳の機関の機能が戻ったため回復したと考えられています。

メニエール病の緩和

難聴をはじめ、耳鳴りやめまいといった症状がある疾患にメニエール病という病気があります。

このメニエール病は視界が回転するようなめまいや激しい耳鳴りによる難聴など、重篤な症状が発生します。 メニエール病患者に大学の研究機関が行った実験結果によりますと、蜂の子を摂取した多くの患者にメニエール病の症状の改善が見られました。

しかし先述の突発性難聴と同じくメニエール病は早期に治療を行わなければ完治できなくなる危険性があるので、まずは病院を受診し医師と相談して蜂の子を利用するか決めましょう。 また原因についてもストレスが原因だと考えられているので、突発性難聴と同じく蜂の子を継続的に摂取することが有効な予防法だといえます。

参考文献 Aoki M et al., Ear Hear, 33(3), 430-436 (2012)

蜂の子は医師に病状を確認してもらってから

蜂の子は確かに優秀な効能を持ち、漢方としても利用されますが、医師の判断なしに蜂の子だけで治療しようとするのは早計です。 難聴は先述の通り、様々な病気の症状である場合もあります。

まずは病院で診断してもらい、危険な病気でない事を確認してから蜂の子を試してみてください

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.