蜂の子と更年期障害

女性はダイエットやエイジングケアなど、常に体の管理を怠らないようにしている方が多いですが、そんな女性でも最も体調管理に手を焼くのが更年期障害です。 更年期障害は男性にも起こりますが、女性ほど症状が重くなることは少なく、世間的にも女性の病気として認識されています。

女性の更年期障害は、加齢により卵巣機能が衰え、女性ホルモンの分泌が急激に減少しホルモンバランスが崩れることで、自律神経が乱れてしまい多様な症状が現れます。 主な症状は全身の発汗やめまい、顔のほてり、更に精神的にも不調をきたしうつ病になってしまうこともあります。

とてもつらい病気ですが、自律神経の乱れには蜂の子が有効で、蜂の子を継続的に摂取すれば症状を緩和できます。 更年期障害の症状は現れているが、病院に行くほど重篤な症状ではない、という方には蜂の子はおすすめです。

蜂の子は更年期の乱れた自律神経を整える

自律神経の乱れは先述した症状以外にも、冷え性や不眠など非常に多くの症状が現れることがあります。

更年期の女性に限らず、自律神経の乱れは過労や不規則な生活などが原因で、老若男女問わず起こることがあるので注意が必要です。 そんな自律神経に蜂の子が有効なのは、蜂の子にトリプトファンという物質が含まれているからです。

トリプトファンは自律神経を整える作用のあるセロトニンの前駆体です。 トリプトファンを摂取することで、脳内のセロトニン量を正常に保ち、自律神経を整えてくれます。

また、セロトニンは抗うつ剤などにも使用されることがある成分で、自律神経の乱れが原因のうつ病に効果的です。 更年期障害で病院を受診した場合も、うつ病の症状がある場合はセロトニンが使用された薬を処方されることもあります。

しかし、抗うつ剤に抵抗を感じる方も多く、副作用が現れることもあります。 ですが蜂の子に含まれるリプトファンは自然に含まれている成分ですから、副作用が現れることはなく、健康的に安心して摂取できます。

ただしセロトニン薬と蜂の子サプリを併用すると、セロトニンの過剰摂取になり副作用が現れる可能性がありますから、併用は避けてください。

蜂の子のビタミン類が更年期障害を緩和する

蜂の子に含まれる、更年期障害の女性にうれしい成分はトリプトファンだけではありません。 蜂の子はビタミンやミネラルが豊富で、これらの栄養素も更年期障害の治療には欠かせない要素です。

更年期障害は先述のように、自律神経の乱れによって多くの不調が現れるのが特徴です。 ですから、症状がある期間は栄養をしっかりと摂取して、少しでも症状が軽くなるように体調管理をいつも以上に気を付けましょう。

特にビタミン類を多く摂ることで、ホルモンバランスを整え、全身の血行を促進し症状の軽減効果、更にトリプトファンと同じく自律神経を整える効果など多くのメリットがあります。 また、更年期障害が発症すると、免疫力が落ちやすくなってしまうので、蜂の子から亜鉛などのミネラルをしっかりと摂取して免疫力を落とさないようにしましょう。

更年期障害が出る前に蜂の子を習慣にすることも効果的

多くの方は何かしらの体調不良を感じるようになってから、蜂の子を始めてみようと考えますが、蜂の子は薬ではないので症状の改善まで時間が掛かる場合もあります。 ですから症状が無くても40代を過ぎた辺りで、蜂の子を習慣にすることが更年期障害には最も効果的な蜂の子の使い方です。

蜂の子を習慣にすることで、更年期障害に限らず多くの病気を未然に予防することが可能な上、蜂の子は美肌効果やアンチエイジングにも大きな効果があります。 多くの健康食品は効果があっても、実感しにくいので継続できずに止めてしまう方も多いですが、蜂の子なら日々の肌艶から美容効果を実感できるので比較的続けやすい健康食品です。

蜂の子はメリットが多く、今からでも初めて損はありません。 更年期に備える意味でも、一度蜂の子をお試しください。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.