蜂の子で不眠を改善

蜂の子といえばその栄養価の高さから優れた健康食品として有名です。 健康のために毎日サプリなどを利用して蜂の子を摂取している方も少なくありません。

そんな蜂の子の健康効果は多種多様にありますが、今回注目したいのは不眠の改善効果です。 睡眠は健康であるために、非常に重要な要素です。

また不眠に悩まされていない方でも睡眠の質を向上させるために蜂の子を摂取しても損はありません。

眠れない耳鳴りの改善と睡眠の質の向上

耳鳴りの改善は蜂の子の代表的な効能です。 この耳鳴りも不眠症の原因になります。

しかし蜂の子の効能はただ耳鳴りを治すだけではなく、様々な不眠の原因にも副次的に作用して耳鳴りを治します。 まず蜂の子に含まれる耳鳴りに作用し、更に睡眠の質を高める栄養素にマグネシウムや亜鉛があります。

これらは耳の音を聞くための重要な機関である蝸牛に有効に作用します。 同時に睡眠の質を高めるために必要な栄養素でもあります。

マグネシウムを不足なく摂取することによって、より深くリラックスして熟睡することができます。 また亜鉛は睡眠時の疲労回復に必要になるので、蜂の子から亜鉛を摂取し不足しないようにすれば、気持ちよく眠れて1日の疲れをとることができます。

セロトニンとメラトニン

蜂の子にはセロトニンの前駆体であるトリプトファンが多く含まれています。 このトリプトファンを多く含んでいることから、蜂の子はセロトニンを体内で生成する効能があり、不眠の解消に大きな効果があります。

まずセロトニンは自律神経を整える作用があります。 自律神経の乱れは不眠をはじめ、動悸などの多くの体の不調を引き起こします。

自律神経の乱れが原因の不眠を解消することは、健康にもいいですが、セロトニンの役割はこれだけではありません。 セロトニンは睡眠の質にも大きく関わってきます。

セロトニンがしっかりと体内で生成できていると、夜にセロトニンが原料になりメラトニンという物質を作り出します。 メラトニンが生成されるおかげで夜に自然と眠くなり、上質な睡眠を取る事ができるのです。

また自律神経の乱れは耳鳴りを引き起こすこともあります。 蜂の子はこういった側面からも耳鳴りに作用し、不眠の原因を解消します。

精神安定ビタミンB6・体内時計ビタミンB12

ビタミンは睡眠にはあまり関係が無さそうですが、実は先述の自律神経やメラトニンの生成に大きく関わってきます。

まずビタミンB6です。 これは蜂の子に含まれるトリプトファンと合成されセロトニンを生成します。

つまりはトリプトファンだけを摂取してもセロトニンは生成されません。 蜂の子にはビタミンB6も後述のビタミンB12も含まれていますが、他の食べ物やサプリでトリプトファンを摂取する際にはビタミンの含有量をチェックしておくといいでしょう。

またビタミンB12は体内時計を正常に働かせる役割があります。 こちらも先ほどのセロトニンとメラトニンに関係してきます。

人間は朝に起きて、夜に眠くなる生活のサイクルがあります。 このサイクルが自律神経の乱れなどが原因で狂ってしまうと、夜に眠れなくなり、寝ても上質な睡眠を取ることが出来なくなってしまいます。

しかしビタミンB12はこのサイクルを正常に戻す作用があり、セロトニンとメラトニンが正しい時間に分泌されるように助ける働きがあります。 不眠に悩む方にとっては特にビタミンB12は重要な栄養素です。

一つの疾患を様々な角度から治す

蜂の子は不眠の症状に対して、自律神経やセロトニンなど複数の要素から症状の改善効果が期待できます。 またそれぞれの要素が、別の疾患にも作用するので蜂の子を摂取すれば総合的な健康効果が得られます。

このことから蜂の子が有効な疾患でお悩みなら、まず蜂の子を摂取してみることをお勧めします。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.