蜂の子でうつ病を乗り越えましょう

蜂の子はとても栄養価の高い健康食品であり、様々な疾患に効果がある優れた漢方薬の一種です。 蜂の子は古来より頭痛や貧血、更には耳鳴りを抑えるなど、様々な効能があるとされてきましたが、中でも近年注目を集めている効能の一つが、うつ病の改善効果です。

蜂の子とうつ病の関係

蜂の子は豊富なアミノ酸を含んでおり、その中の一つにトリプトファンという成分があります。 トリプトファンは人の体内でセロトニンを生成するのに必要な物質です。

このセロトニンという物質は人間の行動意欲や精神の安定に深く関わりがある物質で、セロトニンが不足すると頭がボーっとしたり精神のバランスが乱れると言われています。 近年の研究からこのセロトニンが不足する事がうつ病の原因の一つと考えられています。

つまり蜂の子にはセロトニンの生成に必要なトリプトファンが豊富に含まれており、蜂の子を継続して摂取することで、セロトニンが不足しにくくなるので、うつ病の改善または予防に効果があると考えられています。

セロトニンは自律神経にも作用します

更に蜂の子がうつ病に効果的だと考えられる要因の一つに乱れた自律神経を正常に整える作用があります。 自律神経とは簡単に説明しますと、体の様々な機能をを正常な状態に維持するための神経です。

例えば、心臓は特に意識しなくても一定のタイミングで動き続けていますが、自律神経が乱れると心臓のリズムが乱れ、動悸や不整脈が起こってしまいます。 また自律神経の乱れは体だけではなく精神にも及び、主に考え方が悲観的になってしまったり、言い知れぬ不安感に襲われたりします。

このことから自律神経の乱れも、うつ病の原因の一つだと考えられています。 この自律神経を整えてくれる成分は、先述したセロトニンです。

このようにセロトニンは心と体両方のバランスを整えてくれることから、うつ病の治療に置いて非常に重要な成分です。

サプリや漢方を利用して効率的に蜂の子を摂取しよう

蜂の子を摂取するなら蜂の子成分を多く含んだサプリや漢方をおすすめします。 蜂の子サプリは耳鳴りや難聴の改善を前面に押し出した商品が多いですが、精神の健康を謳う商品ももちろんあります。

選ぶ基準は一日でどれくらいの蜂の子が摂取できるのか、または先述したセロトニンの生成に必要なトリプトファンの含有量をチェックするといいでしょう。 蜂の子を漢方で摂取する方法もありますが、漢方の場合は蜂の子以外の生薬も含まれていることもあり、副作用が出る可能性があるので注意が必要です。

また既に精神科で薬を処方されている方は、薬の飲み合わせによっては、重篤な副作用が出る事もあり大変危険ですから、サプリや漢方を使用する前に必ず医師と相談してください。

うつ病治療に一番大事なのは規則正しい生活

蜂の子はうつ病治療の頼れる味方ですが、あくまでもあなたのサポーターに過ぎません。 まずはあなた自身が規則正しい生活を送ることが重要です。

不規則な生活で体内時計が乱れると、先述の自律神経の乱れる原因になります。 ですからまずは、蜂の子を継続して摂取することも大事ですが、朝起きて朝日を浴びる事も同時に日課にするようにしましょう。

毎日きちんと朝日を浴びると、乱れた体内時計が元に戻り、自律神経も整いやすくなります。 また太陽の光を浴びると体内でセロトニンも生成されるので、朝日を浴びることはうつ病治療に非常に有効だと言えます。

規則正しい生活を維持することで初めて蜂の子の本来の効果が発揮されると言っても過言ではありません。 それくらいうつ病の治療には規則正しい生活が大事なのです。

朝起きる気力がない方でも、必要な気力は蜂の子を食べて補給できるはずです。 蜂の子は古くからある健康食品ですから、精神薬を服用するよりは安心してうつ病の治療ができます。

また漢方やサプリも薬の飲み合わせに注意し、正しい選び方さえすれば、こちらもうつ病治療の心強い味方になってくれるはずです。 蜂の子の力を借りて、楽しく生きましょう。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.