蜂の子はストレスを和らげる

現代社会で生きている私たちは日常的に多大なストレスを感じています。 ストレスを感じずに生きる事はほぼ不可能ですが、ストレスを上手に解消する方法はあります。

その方法の一つに、食事からストレスに有効な栄養素を摂取する方法があります。 食事をすること自体がストレス解消の手段にもなりますから、食事からストレスに作用する栄養素を摂取することは有効なストレス対策です。

ストレスに有効な食品は複数あり、 蜂の子はストレスに有効な食品の一つです。 そこでこの記事では、蜂の子に含まれる栄養素の中でストレスに有効に作用する栄養素をご紹介します。

カルシウム

蜂の子に含まれるカルシウムは一般的に知られている通り、ストレスに有効な栄養素です。 カルシウムは神経の興奮を抑える作用があります。

しかし不足してしまうとストレスを感じやすくなってしまうだけではなく骨粗しょう症を引き起こしてしまいます。 これはカルシウム不足を補うために、体が骨を溶かして血中のカルシウム濃度を一定に保とうとすることによって引き起こされます。

またこの作用が働き過ぎてしまいカルシウム過多になってしまうと動脈硬化など、さまざまな疾患を併発してしまいます。 特にストレスが多い方はカルシウムが消費されやすいため、蜂の子などのカルシウムを含んだ食べ物やサプリを日常的に摂取することをおすすめします。

チロシン

蜂の子にはチロシンというストレスを和らげる効能を持つ成分が含まれており、この成分はストレスによる精神疲労を回復するためのサプリに利用されています。 チロシンはあまり聞きなれない成分ですが、アドレナリンやノルアドレナリンといった脳の神経伝達物質を生成する際に必要となる大切な成分です。

この二つの神経伝達物質はやる気や集中力に深く関わりがあり、チロシンが不足してしまうと、無気力や集中力の低下といった症状が現れます。 これはチロシンの不足により、先述の神経伝達物質が生成できなくなるために起こります。

また蜂の子にはセロトニンという神経伝達物質の原料も含まれています。 これら三つの神経伝達物質はいずれもうつ病の治療、及び予防に非常に重要となる物質です。

過度なストレスはうつ病の原因になりますから、蜂の子を継続して摂取しうつ病を予防することは有効なストレス対策です。

タンパク質

蜂の子の持つ代表的な成分はタンパク質です。 この豊富なタンパク質から蜂の子は滋養強壮の効能を持つ漢方としても利用されています。

タンパク質は生命の維持や健康を保つ意味でも非常に重要な成分ですが、ストレス対策においても必要になる栄養素です。 ストレスを受けると脳内でさまざまな神経伝達物質が生成され、精神を安定させようとします。 この際にタンパク質が消費されます。

また「頭に血が上る」という慣用句もあるように、ストレスを受けると体がタンパク質を消費し、心拍数や血圧が上昇します。 これはまだ人間が狩猟を行っていた時の名残で、外敵を攻撃する、または逃げるための反応です。

このようにストレスを受けると体のあらゆる場所でタンパク質を消費するので、日ごろからタンパク質を充分に摂取する必要があります。

食事を疎かにしない

忙しくて食事は簡単なもので済ましてしまう方は多いですが、それではストレスに耐え切れずに体を壊してしまいます。 日ごろからしっかりと食事をとり、ストレスに有効な成分を摂取することは重要です。

食事をちゃんと摂った上で、足りない栄養素を補うように蜂の子成分を摂取できれば最高のストレス対策ができるでしょう。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.