蜂の子とイナゴの違い

イナゴは昔から日本の各地で食用にされてきた有名な食用昆虫です。 一説によるとイナゴによる虫害でお米が被害を受けた年に、食べるものがなかったので大量発生したイナゴを食べたのが、イナゴの食用文化の始まりといわれています。

一方、蜂の子もまた日本の代表的な食用昆虫です。 蜂の子を食べる地域は主に内陸部が多く、海が少ない地域は魚からタンパク質を摂取するのが難しかったため、比較的簡単に採れる蜂の子を食べるようになったといわれています。

蜂の子とイナゴ、どちらも食料に困った末に手軽に採れるタンパク源として食べられるようになったのが始まりとされています。 しかし現代では含まれる栄養素の違いから蜂の子とイナゴはそれぞれ違った用途で使用されています。

栄養成分の違い

イナゴの栄養成分

イナゴも蜂の子もとても栄養価の高い食品です。 両方ともビタミンやミネラルなどの栄養素が非常に高い水準で含まれています。

更にタンパク質が豊富な上に、脂質は少ない ので、イナゴも蜂の子もダイエットやトレーニング中の不足している栄養素を補うのに最適です。 特にイナゴは鉄分や銅などのミネラルがとても豊富に含まれており、含まれているミネラルのほぼ全てが、一食で摂取することが推奨される目安量を超えます。

ミネラルは不足しないように摂取することで健康状態を維持してくれる栄養素で、不足してしまうと多くの体の不調を引き起こします。 またビタミンEもとても多く含まれており、目安量を超えています。

ビタミンEは抗酸化作用があり、肌や血管の酸化による老化を防いでくれます。 ビタミンEもミネラルも、どちらも人が健康的に生きるためには、無くてはならない成分です。

このようにイナゴは、体調を管理する作用のある栄養素が多く含まれた昆虫食です。

蜂の子の栄養成分

蜂の子もイナゴと同じくらい高い水準で栄養素を含んでいます。 蜂の子の場合は、タンパク質に多くの必須アミノ酸を多く含んでいることが特徴です。

必須アミノ酸とは疲労の回復や、エネルギーを作り出す際に無くてはならない栄養素のことです。 ですが、必須アミノ酸は体内で合成することができないので、蜂の子などの必須アミノ酸を多く含む食品から摂取する必要があります。

また、同じく体内でエネルギーを作る際に必要になる、ナイアシン(ビタミンB3)というビタミンB群の一種があります。 蜂の子はこのナイアシンの含有量も非常に多く含まれています。

このように蜂の子にはイナゴと比較すると、エネルギーの生成や疲労の回復に効果のある成分が多く含まれている特徴があります。

漢方としての違い

蜂の子とイナゴを漢方として比較してみると、それぞれの持つ特色が更に見えてきます。

イナゴの効能

まずイナゴは漢方としての効能は、咳止めや解熱、そして貧血予防といった風邪薬のような効能があるとされています。 この効能はイナゴに多く含まれている、ミネラルとビタミンDが作用するものと考えられます。

ミネラルは体の免疫力を管理する役割があり、不足してしまうと免疫力低下の原因になります。 またビタミンDには、体がミネラルを吸収しやすくする作用があります。

ビタミンDとミネラルの両方を多く含んでいるため、イナゴは高い免疫力向上効果があり、咳や熱が早く治まります。

蜂の子の効能

対して蜂の子は豊富なアミノ酸が、高い滋養強壮効果や耳鳴りの緩和効果をもたらします。 これは先述したアミノ酸のエネルギーを作る作用や疲労回復効果により、体力が付くためと考えられます。

そして、蜂の子のアミノ酸を摂取することにより、自律神経の乱れが原因の耳鳴りに有効に作用します。 また蜂の子にもイナゴ程ではないにしても、充分すぎるくらいの豊富なミネラルが含まれています。

このミネラルも内耳などの聴覚器官に有効に作用することで、耳鳴りを抑え、耳の聞こえを良くします。

蜂の子とイナゴの大きな違い

蜂の子とイナゴの主な特色は以下のようになります。

  • イナゴはミネラルが豊富で、風邪に効果的
  • 蜂の子はアミノ酸が豊富で、体力の回復など滋養強壮効果が高い

蜂の子とイナゴは両方とも高い栄養価があり、どちらも似たような栄養成分ですが、それぞれ突出した栄養成分があります。 今回は違いを分かりやすくするために、最も突出した栄養素や効能に焦点を当てました。

そのため蜂の子にも風邪予防効果が、イナゴにも滋養強壮効果が充分に期待できます。 ですが、もし健康のためにどちらかを摂取することを習慣にしようとするなら、上記の特色を参考にしてみてください。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.