蜂の子とざざむしの違い

昆虫食文化は世界中に存在し、日本にも昔から昆虫食文化が存在します。 まず代表的なのは蜂の子です。

蜂の子は主に長野県などでは地蜂と呼ばれるスズメバチの仲間が食用にされます。 同じく長野県には水生昆虫を食べる慣習があります。

水生昆虫は総称して「ざざむし」と呼ばれており、土産物などの市販されているざざむしには、多様な水生昆虫が含まれています。 水生昆虫を食べる文化は世界的に見ても珍しく、特にざざむしを食べる地域は長野県の一部地域のみです。

蜂の子は食用以外にも高い栄養価から、サプリに用いられる事も多いです。 ざざむしも栄養価は高いですが、サプリにはあまり使われていません。

これはざざむしが特定の昆虫を指しているわけではない事と、ざざむしの漁獲量の減少が大きな原因だと思われます。 また蜂の子も、スズメバチ以外にもミツバチの幼虫のことを意味する場合がありますが、蜂の子という名称は蜂以外の幼虫を指して使われることはありません。

対して、「ざざむし」という名称は、後述するように全く別の種類の多様な水生昆虫を指して使われます。

ざざむしとは

ざざむしとして扱われる水生昆虫は主に、カワゲラやトビケラ、そしてヘビトンボなどが食用にされます。 これらの水生昆虫は全て佃煮にして食べます。

見た目は少しグロテスクですが味はとても美味しく、お酒のあてになる高級珍味として販売されています。 多くの昆虫食文化が根付く地域は、内陸部で魚からタンパク質を得る手段が乏しい場合が多いです。

長野県も例外ではなく、昔は蜂の子やざざむしが貴重なタンパク源でした。 この蜂の子やざざむしのタンパク質は、豊富な必須アミノ酸が含まれている上質なタンパク質です。

文字通り生きる上で必要不可欠な必須アミノ酸が豊富に含まれているため、蜂の子やざざむしは小さくてもタンパク源としては充分すぎるくらいでした。

ざざむしの効能

ざざむしと呼ばれる虫のうち、トビケラやヘビトンボは古くから漢方として利用されていた歴史があります。 ヘビトンボは孫太郎という名称でおよそ200年前から漢方として販売されてきました。

効能は子供のかんの虫に効くとされています。 かんの虫とはいわゆる乳児の夜泣きなどのことで、孫太郎を飲ませると夜泣きが治まるといわれています。

しかし何らかの身体異常が原因の場合は別として、夜泣き自体は病気ではないので、ヘビトンボは漢方としての歴史はありますが、民間療法的な意味合いが強く現代では使用されていません。

またトビケラは解熱などの効能があるとされ、中国最古の薬学書である神農本草経に記載されています。 ですが現代ではヘビトンボと同様に、漢方として使用される機会はほとんどなくなりました。

蜂の子の効能

蜂の子も漢方としての歴史があり、トビケラと同じく神農本草経に記載されています。 効能は滋養強壮の効果があるとされており、不老長寿の薬と評されています。

またトビケラが下薬という副作用が起きる危険性のある薬に位置付けられているのに対して、蜂の子は上薬という無毒で副作用のない最高位のランクに評価されています。 実際に蜂の子の健康効果は非常に高く、現代では研究が更に進み、滋養強壮以外にも耳鳴り、難聴、うつ病予防、更に美容にも有効な効果があることが判明しています。

蜂の子は上記のように優れた効能があると判明しており、蜂の子の養殖もミツバチなら比較的容易なので、現代でも漢方やサプリに多く使用されています。 また食品としてもざざむしは漁獲量の減少も相まって価格は高めですが、蜂の子は養殖も行われているため、ざざむしよりは比較的安価に購入できます。

蜂の子とざざむしの主な違い

蜂の子もざざむしも、共に食用昆虫としての歴史があり、漢方としても長い歴史があります。 食品としても価格に違いはありますが、蜂の子もざざむしも美味しいとかなり高評価です。

いろいろと共通点が多い蜂の子とざざむしですが、主な違いをまとめると以下のようになります。

  • 蜂の子は養殖も行われ産業化されているが、ざざむしは漁獲量が減少ぎみ
  • ざざむしは高級珍味として重宝されている。
  • 蜂の子は研究が進み多種多様な効能が判明しているが、ざざむしの具体的な効能は判明していない

このようにざざむしは産業化しにくいため、近年では食用以外には使用されていません。 一方蜂の子は成分の研究もされており、食用以外にサプリなどにも使用されるようになりました。

ざざむしにも高い栄養価が含まれており、長寿の里で有名な長野県民の健康の秘訣なのでは、と注目されることもありますが具体的な関連性は判明しておりません。 今後、蜂の子と同じくらいに研究が進めば、ざざむしも食用以外で使用されるようになるかもしれません。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.