蜂の子とローヤルゼリーの違い
~欲しい効果を調べよう~

皆さんは蜂の子とローヤルゼリーの違いをどれくらいご存知ですか? ローヤルゼリーは美容効果が高く、主に女性用の美容サプリとして使用されています。

蜂の子もまたサプリに使用されていますが、こちらは滋養強壮など健康効果を前面に出したサプリが多いです。 しかし蜂の子もローヤルゼリーも上記の他にも様々な効果があります。

両方の効能を詳しく知ることで、今お飲みのサプリよりも更に自分に合ったサプリが見つかるかもしれません。 そこで今回は蜂の子とローヤルゼリーについて少し詳しく解説していきたいと思います。

ローヤルゼリーの効能

ローヤルゼリーの効能は先述の通り、美容効果に優れています。 まず特筆すべきは抗酸化作用、いわゆるアンチエイジング効果です。

もともとローヤルゼリーは女王蜂が産卵に必要なエネルギーを蓄えるための特別な食べ物です。 ですが女王蜂は生まれながらにして女王というわけではありません。

最初はどの蜂もほとんど差はありません。 女王に選ばれた一匹だけがローヤルゼリーを食べることができ、ローヤルゼリーの効果で寿命や体の大きさに、通常の蜂と比べて数十倍もの差が生まれます。

それほどまでにローヤルゼリーの栄養価は高く、蜂が女王になるように、人間が食べても高い美容効果が期待できます。 ローヤルゼリーに含まれるアンチエイジングに有効な成分にアピシンが挙げられます。

アピシンは女王蜂の生命力の秘密だと考えられています。 このアピシンの効果は細胞の成長を促進させ、細胞を長生きさせます。 これにより老化の速度を緩やかにすることができます。

またローヤルゼリーは健康作用も持っており、血圧の改善や冷え性にも効果があります。 ローヤルゼリーは完全食とまで呼ばれることもあるほど優れた食品ですが、一つだけ注意が必要なのがアレルギーです。

人によってはローヤルゼリーにアレルギー反応が出てしまう場合があり、特にアトピーや喘息がある方は症状が出やすいといわれているので注意が必要です。 また過去に蜂に刺された経験がある方は、重篤な症状が出る可能性があり特に注意が必要です。

蜂の子の効能

蜂の子にはまず滋養強壮効果があります。 蜂の子は豊富なタンパク質を含んでおり、昔から日本各地で食されてきました。

蜂の子の郷土料理はほとんどが佃煮ですが、ご飯に蜂の子と成虫を混ぜ込んだ「へぼ飯」など変わった調理方法もあります。 また漢方としても有名で、耳鳴りや難聴の改善というユニークな効能を持っているのも特徴です。

耳鳴りには様々な原因があるのですが、蜂の子は自律神経の乱れや亜鉛不足などが原因の耳鳴りに効果を発揮します。 蜂の子を摂取するとセロトニンという物質が体内で生成されます。

このセロトニンが自律神経の乱れに作用し耳鳴りの改善に繋がります。 また注目されている効能にうつ病の予防、改善効果があります。

これは前述のセロトニンの効果によるものです。 セロトニンは多くのうつ病患者が不足している傾向にあります。

更にセロトニンは精神の安定や気力などに深い関わりがあることから、セロトニン不足がうつ病の原因だと考えられています。 つまりは蜂の子を継続して摂取することで、セロトニン不足を解消または予防することでうつ病に効果があると考えられています。

蜂の子とローヤルゼリーの選び方

蜂の子とローヤルゼリーの主な効能を挙げてみましたが、これらはあくまでも主な効果です。 蜂の子やローヤルゼリーには他にも様々な効能があるといわれており、両方とも似たような効能のサプリが販売されています。

特にローヤルゼリーはその栄養価の高さから非常に多くの効能を謳う商品が販売されております。 ですからもし蜂の子かローヤルゼリー、どちらのサプリを選ぶか迷った場合は耳鳴りを治したいなら蜂の子、美容効果が欲しいならローヤルゼリーという風に選べば無難です。

どちらの素材を使った商品も優れた効果を発揮する商品が多いです。 上手にサプリを活用しましょう。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.