へぼ飯の作り方

へぼ飯とは岐阜県の郷土料理の一つで、簡単にいってしまえば蜂の子の炊き込みご飯です。

作り方もとてもシンプルで、普通の炊き込みご飯とほとんど違いはありません。 しかし蜂の子はご飯と炊き込む前に、少し調理する必要があります。

材料

主な材料は以下の通りです。

  • 蜂の子
  • 米(雑穀米・玄米・麦飯でもよい)
  • 薄口しょうゆ
  • みりん
  • 野菜などお好みの材料

調味料や野菜は炊き込みご飯の味付けのための材料です。 オーソドックスな材料だけで作れるので、忙しい方にも手軽に作れます。

ちなみに野菜はニンジンを入れると蜂の子の豊富な栄養成分と相まって、ほぼ全ての一食に必要な栄養素の目安量を超えるのでおススメです。 へぼ飯は上記の材料に蜂の子を加えて炊き込みますが、少し味付けをしてから炊き込みます。

作り方

蜂の子の下処理

蜂の子の身はクセが無いため、とても食べやすいですが内臓にはクセがあります。 ですからまずは蜂の子の内臓を取り除きます。

方法は、軽く茹でた蜂の子の頭を包丁などで切り落とし、中の黒い内臓を手で引っ張り出します。 蜂の子の体を軽くつまむと、内臓が取り出しやすいです。

生のまま内臓を取り出すと、体液が出てきてしまうので、軽く茹でてから摂ることをお勧めします。

蜂の子の味付け

蜂の子の味付けは郷土料理なので、しょうゆと砂糖だけのシンプルなものです。 これらの調味料を使い、フライパンで蜂の子を軽く炒めます。

調味料の分量は、後で炊き込む際に先述の薄口しょうゆや酒などで味付けするので、あまり濃く味付けする必要はありません。 ここでのポイントは、蜂の子を炒めたしょうゆに蜂の子の旨みが出ているので、しょうゆも残さず釜に入れて炊き込みましょう。

全体の味付けをして完成

蜂の子を釜に入れたら後は、調味料や野菜などの具材を入れるだけです。 蜂の子は既に味を付けているので、薄口しょうゆはやや少なめに入れるとちょうどいい味加減になります。 後は炊飯器で炊き込むだけで完成です。

更にシンプルな伝統的なへぼ飯

より伝統的なへぼ飯に近づけたい場合は、調味料はしょうゆと砂糖だけを使います。 まず蜂の子をしょうゆと砂糖で味付けしながら炒めます。

この時、先述した作り方では後で更に味付けするので薄めにしましたが、伝統的なへぼ飯では味付けはこの工程だけなので少し濃い目にします。 しょうゆをやや多めに入れて蜂の子を煮付けるように調理するのがポイントです。

後は先ほどと同じように、釜に蜂の子とフライパンに残ったしょうゆも入れて炊き込むだけです。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.