蜂の子とプロポリスの違い

蜂の子とプロポリスは両方とも、美容と健康に効果のある優れた効能を持っています。

また両方とも免疫力を高める効果やアンチエイジングなど、よく似ている効能を持っています。 しかし蜂の子とプロポリスは似て非なるもので、それぞれの特色があります。

もしも蜂の子とプロポリスのサプリ選びで迷っているのなら、似たようなものだからと適当に選んではいけません。 蜂の子とプロポリスの特色をきちんと理解した上で自分に合ったものを選びましょう。

プロポリスの効能

プロポリスの代表的な効能といえば、やはり高い抗菌作用です。 プロポリスは、ミツバチが自分たちの巣の補強や細菌の繁殖を防ぐために、植物から集めた抗菌作用の強い樹脂や花粉です。

昔はプロポリスを傷口に塗布し、雑菌の繁殖を防ぐ目的で使用されていました。 しかし現代ではプロポリスを摂取することで、免疫力の向上効果や花粉症などのアレルギー症状を抑える効果があることが判明しています。

またプロポリスには抗酸化作用もあり、この作用を活かしたアンチエイジング効果のあるサプリも多く販売されています。 更に高い抗菌作用も相まって肌の炎症を防いでくれるので、ニキビなどの肌トラブルにも効果的です。

サプリ以外にも化粧品やシャンプー、クリームなど、様々な製品に利用されています。 このようにプロポリスには女性にうれしい美容効果が高いレベルで備わっています。

しかしプロポリスは人工的に生成することができず、ミツバチが作ったプロポリスを抽出するしかないので価格は高めです。 ですがプロポリスは値段に見合った優れた美容効果があるので、高い美容効果のあるサプリが欲しい方やアレルギーにお悩みの方にはおススメです。

蜂の子の効能

蜂の子にもプロポリスと同様に高い美容効果がありますが、蜂の子のサプリはどちらかというと美容よりも健康志向が強いです。 元々蜂の子は古くから漢方として重宝されていたので、そのイメージが現代にも受け継がれているのかもしれません。

蜂の子の主な効能は耳鳴りやめまいの緩和です。 滋養強壮効果があり免疫力を高めます。

また近年ではうつ病の予防、及び治療にも効果があると注目されています。 特に滋養強壮効果は2000年前の中国においては不老長寿の効能があるといわれるほどの高い効果があります。 ですから慢性的な疲労を回復したいときには蜂の子サプリが最適です。

また漠然とした体の不調を感じる際にも、蜂の子は多種多様な栄養素が含まれているので必要な栄養素の不足から来る体の不調の改善にも効果があります。

もう一つ蜂の子の利点を挙げるなら、プロポリスの抽出よりも蜂の子の養殖は容易なため安く購入できるサプリが多い事です。 ですからプロポリスよりも比較的、気軽にサプリを試してみることができます。

蜂の子とプロポリスの違い

主な違いを簡単に書き表すと以下のようになります。

蜂の子 耳鳴りやめまい、滋養強壮効果があり、健康効果が多い
精神の不調にも効果あり
プロポリスよりも比較的安価
プロポリス アンチエイジング効果や美肌効果など美容効果が多い
アレルギーを抑える効果や免疫力向上など、健康にも良い
炎症を抑えてくれる
やや価格が高め

上記のような効能が蜂の子とプロポリスの特色になっていますが、どちらも栄養価が非常に高いので副次的に蜂の子なら美容、プロポリスなら健康効果が得られます。 ですから上記の蜂の子とプロポリスの特化した効能を覚えておくと、サプリ選びが少し楽になります。

Copyright © 命の輝きをその手に All Rights Reserved.